パンの焼ける香ばしい匂い。

仕度から美味しい時間が始まる。

バターをたっぷり塗った焼きたてトースト。

外はサクッ、中はふわっ。

その食感をコーヒーを飲み終わるまで続いている。

お腹だけでなく「心」も満足する朝時間。

 

朝のスタートが上手くいった日は

なんだか充実した一日になった。

そんな経験をしている方も少なからずいるはず。

心地いい朝のスタートを切るために

仕度から楽しく、おいしい朝食を食べられる商品をご提案します。

これは箸置きを作っている私たちだからこその商品です。

 

トーストを食べていて、はじめはサクッとしていたのに

時間が経つと段々としんなりしてきてしまうことありますよね。

朝、子どもたちの世話や家事をしていると

冷めてしんなりしたトーストを食べることもしばしば。

焼きたてのサクッと食感が好きなのに!と思っていたところ

主人がパン皿を作ってみたと持ってきてくれました。

四角の食パンにぴったりのサイズで食パンに凹凸のあるもの。

 

しかしそれだけではサクッ食感を長持ちさせるにはちょっと不十分。

そんなとき、ふと近くにあった「箸置き」をのせてみたのです。

トーストがしんなりするのはお皿とパンの間に湿気が溜まってしまうから。

つまり、お皿とパンの間に隙間があり空気が通ればいい。

 

そんな発見からこのsakuokiは生まれました。

 

お皿の形やデザインにもこだわりました。

木のお皿は丸いものが多いですが、あえて四角に。

社長の好みでもありますが、陶器の四角いお皿を我が家で使っていて、

とても使い勝手よく、使用頻度が高かったのも理由の1つです。

 

凹凸を付けたのは、より湿気がたまらないようにするためでもあります。

お皿とsakuoki合わせて使うことで、焼きたてのサクッと食感が長持ちするのです。

また裏側も重ねて収納しやすいような形にし、重ねてもグラグラしないようになっています。

私たちは木のお皿や漆器をぜひ使ってほしいと思っています。

それはなぜでしょう?

まず「木」のお皿のメリットは

軽くて持ちやすく、割れにくいので扱いやすい。

断熱性があるので、熱さが手に伝わりにくく安心して食べられます。

 

そして「漆」のメリットは

漆はウルシの木の樹液で昔から天然塗料や接着剤として使われていました。

湿気、酸、アルカリにも強く、腐敗防止、防虫の効果があります。

熱に強く、お椀のように熱いものを入れても、環境ホルモンが出ません。

 

また光にあたることで、漆が透けてきますが、それもまた美しいもの。

特に「飛騨春慶塗」は木目を生かすような技法で塗っているため

漆が透けることで木目が浮き出てきて、より経年美化が楽しめます。

400年以上の歴史のある、岐阜県高山市の伝統工芸「飛騨春慶塗」。

蒔絵などはなく、豪華な見た目ではありませんが

『シンプル イズ ベスト』という言葉があるように

素材を生かしたシンプルさが美しい漆器です。

わび・さびという言葉にもふさわしく茶道具としても人気があり

その趣のある上品さは、料理を引き立て食卓を優雅に仕上げます。

 

また、ぜひ手に取って確かめてほしい、その感触。

その光沢のある表面は手に吸いつくようにしっとりとした手触り。

深みのある艶が温かさを感じさせます。

三代目は「漆を塗っているとだんだん心が落ち着いてくる」といいます。

森林の中ではマイナスイオンがあるように

自然素材の持つぬくもりは私たちを癒してくれます。

 

使っていただくことでぜひその魅力を感じてほしいと思います。

こちらは以前、お客様から「バターケースが欲しい」というお声を頂いたのがきっかけ。

我が家でも数年前からマーガリンは使っておらず、

 

バターケースを愛用していたので商品化を決めました。

この春慶塗のバターケースは、とても軽く、手に持って塗ることも楽にできます。

木の断熱・保温性により、本体は結露しにくく、中身は溶けにくいのも特徴です。

また形にもこだわりました。

ひのきの板をただ張り合わせるのではなく、強度が増すように組み込んで合わせています。

1つ1つ手作業で組み合わせ、表面を削ります。

 

バターケースのふちの形にもひと手間加えました。

バターナイフの邪魔にならないよう斜めにしています。

もちろん蓋もそれに合わせてぴったり収まるように。

こうすることでナイフの柄でふちが削れないようにしました。

 

「漆器」というと繊細で手入れが大変。扱いにくい。というイメージがあるかもしれません。

そこでこちらの商品には「2年保証」をお付けいたします。

 

この商品の「漆」はMR漆という耐久性のある漆を使っています。

この漆は通常のものより、温度変化などにも強く、傷つきにくい特長があるため

冷蔵庫にいれても問題ありませんし、食器洗浄機も使用可能です。

 

また当社では、木地から塗りまでのすべての工程を一貫して行っております。

 

<製造工程>

1.木地作り

  板状に製材された木材を用途に合わせてカット→ 成形 → 磨き

2.下地塗り

 

そのため、修繕も可能なのです。

 

 

  • バターはケースの中で切らないでください。
  • 柔らかいスポンジを使い洗ってください。 優しく扱っていただくと長持ちします。 
  • たわしまたは磨き粉の使用は避けて下さい。
  • ごくまれに体質により漆でかぶれることがございます。異常を感じたときは、ご使用をお止めいただき、専門医にご相談ください。
  • 変形、変色する恐れがありますので電子レンジ、直射日光、火の側等は避けてください。